事例・統計情報 

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

一般職業紹介状況(平成23年3月分)

1  概要
 新規求人倍率(パートを含む季節調整値)は、0.92倍となり、前月より0.14ポイント低下した。
 有効求人倍率(パートを含む季節調整値)は、0.58倍となり、前月より0.03ポイント低下した。
 また、正社員有効求人倍率(原数値)は、0.36倍となり、前年同月より0.09ポイント上昇した。
2  求人の動向
 新規求人数(原数値)は、9,363人で前年同月より2.7%増加した。
 有効求人数(原数値)は、25,309人で前年同月より21.2%増加した。
3  求職の動向
 新規求職者(原数値)は、10,912人で前年同月より6.6%減少した。
 有効求職者(原数値)は、42,395人で前年同月より6.0%減少した。
 雇用保険受給資格決定件数は、2,241件となり、前年同月より2.5%増加した。
 また、雇用保険受給者実人員は、8,724人となり、前年同月より18.4%減少した。
4  就職の動向
 就職件数は、3,520件で前年同月より0.2%減少した。
 就職率(新規求職者数に対する就職件数の割合)は、32.3%で前年同月より2.1ポイント上昇した。 
5  地域別有効求人倍率
 県北地域 [矢板・大田原・黒磯安定所管内] 0.54倍(前年同月0.44倍)
 県央地域 [宇都宮(那須烏山含む)・鹿沼・真岡・日光安定所管内] 0.66倍(前年同月0.50倍)
 県南地域 [栃木・佐野・足利・小山安定所管内] 0.54倍(前年同月0.42倍)

【職業紹介関係】
  新規求職者数  期間中に新たに受付けた求職申込の件数をいう。
  月間有効求職者数  前月より繰越された有効求職者数と当月の新規求職者数の合計数をいう。
  紹介件数  求職者と求人者の結合を図るため、自安定所で紹介した件数をいう。
  就職件数  自安定所の有効求職者が、自安定所の紹介により就職したことを確認した件数をいう。
  新規求人数  期間中に新たに受付をした求人数をいう。
  月間有効求人数  前月より繰り越された有効求人数と当月の新規求人数の合計数をいう。
  充足数  自安定所の求人が、安定所の紹介により求職者と結びついた件数をいう。
  就職率  就職件数÷新規求職者数×100
  新規求人倍率  新規求人数÷新規求職者数
  有効求人倍率  月間有効求人数÷月間有効求職者数
      

 

【雇用保険関係】
  受給資格決定件数  受付した離職票を審査して、失業給付を受ける資格が有ると決定 した件数をいう。
  受給者実人員  失業給付を実際に受けた受給資格者の数をいう。
  初回受給者数  同一失業給付受給期間内における当該失業給付の最初の支給を受けた受給資格者の数をいう。
   


一般職業紹介状況(パートを含む)
年月
区分
平成23年3月 平成23年2月 平成22年3月 前月比(差) 前年同月比(差)
(1)季調値
(人)
(2)原数値
(人)
(3)季調値
(人)
(4)原数値
(人)
(1)/(3)
(%)
(2)/(4)
(%)
新規求人 8,513 9,363 10,692 9,121 ▲ 20.4 2.7
月間有効求人 23,625 25,309 24,921 20,881 ▲ 5.2 21.2
新規求職 9,233 10,912 10,075 11,689 ▲ 8.4 ▲ 6.6
月間有効求職 40,855 42,395 40,917 45,083 ▲ 0.2 ▲ 6.0
新規求人倍率 0.92 0.86 1.06 0.78 ( (1)-(3) )
▲ 0.14 ポ
( (2)-(4) )
0.08 ポ
有効求人倍率 0.58 0.60 0.61 0.46 ( (1)-(3) )
▲ 0.03 ポ
( (2)-(4) )
0.14 ポ

※ 平成22年12月以前の季節調整値は新季節指数により改訂されている。

この記事に関するお問い合わせ先

職業安定部 職業安定課 TEL : 028-610-3555

このページのトップに戻る

ひとりで悩まずにご相談ください  アスベスト(重要情報)  明るい職場応援団.png  ジョブカード  こころの耳  kurumin_ninteikigyou.png

 

 緊急雇用対策・経済対策  最賃.jpg  人事労務マガジン  イクメンプロジェクト  ニートサポートネット

栃木労働局 〒320-0845 宇都宮市明保野町1-4 宇都宮第2地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Tochigi Labor Bureau.All rights reserved.