本文ここから
監督課

労働時間に関する相談事例

事例1
来月から会社を立ち上げて、社員を雇おうと考えているのですが、労働基準法では労働時間についての決まりはどうなっているのでしょうか? 回答
事例2
労働基準法では原則として1日の労働時間が8時間、1週間の労働時間が40時間であることは分かりました。しかし、仕事の都合で残業をする場合も出てくると思います。残業は一切できないのでしょうか? 回答
事例3
労働基準法に定められた手続きを採れば残業をさせても労働基準法に違反しないということは分かりました。私が働いているA社でも残業があるのですが、協定を結んで監督署に届け出れば何時間でも無制限に残業をさせてもよいのでしょうか? 回答
事例4
私の働いている会社では1日の労働時間が9時間の日もありますし、7時間の日   もあります。また、1週間の労働時間は48時間の週もありますし、32時間の週もあります。会社の担当者に聞いたところ「1箇月間を平均すると1週間40時間になっているので労働基準法上問題がない。」と言いますが、本当なのでしょうか? 回答
事例5
私の会社では今まで労働時間の管理を全くしていなかったのですが、賃金不払いや過労死の問題もあるので今後は労働時間の管理をしっかりと行っていきたいと考えております。そこで質問ですが、労働基準法では労働時間の管理方法について決まりがあるのでしょうか? 回答
本文ここまで

ひとりで悩まずにご相談ください  アスベスト(重要情報)  明るい職場応援団.png  ジョブカード  こころの耳  kurumin_ninteikigyou.png

 

 緊急雇用対策・経済対策  最賃.jpg  人事労務マガジン  イクメンプロジェクト  ニートサポートネット

栃木労働局 〒320-0845 宇都宮市明保野町1-4 宇都宮第2地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Tochigi Labor Bureau.All rights reserved.